読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

redwarrior’s diary

C#, ASP.NET, WEB, G*などの雑多な情報

WindowsサービスとしてインストールしたJenkinsのアンインストール方法

Windows上でJenkinsを使う場合に、warファイルを使用するという方法もあるとは思いますが、サービスとして使用したい場合は、Windowsインストーラーの方が便利ですよね。

その後、何らかの理由でJenkinsが不要になり、アンインストールしようと思ったら、アンインストーラーが提供されていなかったので、調査も含めて、アンインストール手順を残しておきます。

以下の作業を行いました。

サービスからJenkinsを探す

Jenkinsを停止する。

スタートメニューからJenkinsを探す

Jenkinsが見つからない。

プログラムのアンインストールまたは変更からJenkinsを探す

Jenkinsが見つからない。

インストーラーを実行してみる

アンインストールオプションはない。

環境変数を調べる

JENKINS_HOME変数の有無や、PATH変数にインストールディレクトリが設定されているか調べる。Rapid Environment Editorというツールが便利。

インストールディレクトリは、サービスのプロパティの「実行ファイルのパス」を見ればわかる。

→使っていなかった。

サービスからJenkinsを削除する

今までの調査でサービスに登録されているだけっぽいので、参考サイトに従って、コマンドプロンプトからサービスを削除する。

>sc.exe delete Jenkins

Jenkinsディレクトリを削除する

必要なファイルがあれば、コピーしておく。

以上です。参考までにOS, Jenkinsのバージョンを残しておきます。最新版では解消されているかもしれません。

参考サイト

ub.blog85.fc2.com